LJL 2017 Summer Split Round6 Match1 RJ - USGのB/Pが面白い

昨晩のRJ-USGのB/Pが非常に見どころ満載だったので軽く感想みたいなもの
試合は下記サイトで見れると思うので気になる人はそちらでどうぞ

twitch
youtube




第一試合

・B/Pの流れ
1.png 11.png



このB/Pでの見どころと2ndのBANから
USG側はRJ Lavie選手のアニビアとソルはターゲットBAN
エリスもとったので序盤からある程度作っていく事も考慮、フィオラ/ジャックスが相手側でBANされていることからレネクトンをピックすることを前提にシェン、ソルとBANしてレネクトンを取らされた形になったと思われる

個人的にはレネクトンをピック予定ならタリアBANしなかったら負けるまであるなと予想
USG側も可能性はわかっていて、なお勝てる予想だったんだと思う
実際の試合ではレネクトンのレーンで有利を取りきれず、タリアのultで集団戦の陣形を壊されることが多く存在した
粘り強くゲームを伸ばし最終的にはUSGが勝利したが、B/PはRJに軍配が上がっていたと思う




第二試合

・B/Pの流れ
2.png 22.png



USGは赤側を選択
1stBANでRJは同じBAN選択をするが、USGは"ケイト/ザック/アニビア"から"ケイト/ザック/タリア"に変えてしまう
個人的にはB/Pでやられている感あったので、勝率の良い赤側を捨ててでも青側を選択してスレッシュ取るべきじゃないかなとかおもいつつ・・・
青側ならスレッシュキープできればケイトザックタリヤとBANしても相手にスレッシュ渡さないでおけたかな?
ポッピーとらせてもTOPはイーブンくらいでキープできそうだから、調子の良いbot周りでゲーム展開作っていくのが良さげかなと

そのまま2ndでソルとアニビアBANでmidカウンターを取る流れは悪くなかったんですが、midにgankが刺さりまくってしまった事でかなり辛い展開へ
これは序盤うまく立ち回ったRJが素晴らしかったですね




第三試合

・B/Pの流れ
3.png 33.png



結局USG側は1-2試合目の展開で予定していたB/Pを崩す事になったしまった
その結果、一番危ないと思っていたアニビアを開け、カリスタも相手から取り上げて相手の得意な構成を崩す方向性へ
B/Pだけ見ればUSGのほうが良い感じだったが、アニビアのパフォーマンスの高さから苦戦する形になったしまった



相手を研究し最後までブレなかったRJ
3試合のB/PをみるとRJは「アイバーン」「ジャックス」「フィオラ」のBANを固定した
USGはTOP周りのピックが制限され戦術の幅が少しだけ狭くなってしまった
最終的にRJのB/Pにリアクションした結果、本来ターゲットBANするべき枠を使えなくなってしまったというカードゲームのようなB/Pでしたね

Rift Rivalsでの時間差をうまく使ったRJ
USGも辛い展開でも諦めず粘ったりと最後まで楽しめた試合でした

Rift Rivalsの影響で今週ちょっとおもしろいRoundになるのかもしれないですね
関連記事
スポンサーサイト
[タグ] LJL2017
[ 2017/07/15 09:26 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

goisu

アカウント新規登録
lolの遊び方
サブカテゴリ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
lol date


ブログパーツ