LJL春シーズン終わりましたね。

今シーズン率直な感想をあげると
USGが頑張ってくれたから成立したシーズンだったかなと。
春シーズンはチームの形つくるのがとても難しいなかRJの成長が著しく感じましたね。


DFMは最後までジャングルに問題を抱えていたように見える。
ゲーム戦略はダントツでよかったですね。
個人的には、Paz選手をジャングラーとして補強するんじゃなくてバスケで言う”シックスメン”的な選手として起用してほしかった。

RPGは初戦見てかなり厳しいかもしれないとと思ったら一気に優勝候補に。
Tussle選手とDara選手がチームの土台としてがしっかりしているから修正がはやかった。
集団戦でのビジョンが共有できてないシーンも多くある楊枝見えたけど、春シーズンは海外でもそんなもんだし多分これから改善されるから夏はまた違ったチームになりそう。

USGは今季一番良かったんじゃないでしょうか。
補強から修正まで問題なく行えていて、USGらしいP/Bも感じられた。
ラウンド重ねるごとにチーム力も向上していってることがよく分かる試合が多かったですね。

RJはダークホースだった。
昇格後って大抵苦戦してチームが不安定になるもんなんだけど、モチベーションを維持してチームとして大きく成長していた。
序盤の戦略を活かした中盤の展開に幅と決定速度があれば来季Aクラスありえると思う。

7hはShinmori選手とRokenia選手のプレイに驚かされる事が多かったですね。
正直そういうプレイしないといけないチーム状況なんだろうなって感じが画面からひしひしと伝わるのが多少残念でもある。

SZチーム崩壊してたという印象
メンバー変わってないのにラウンド序盤から前シーズンよりパフォーマンスが良くなかった。
モチベーションだったり研究されてたりとかその他色々あるんでしょうけど、そういう時期に来てたんでしょうね。
今季は最後までどういうチームスタイルなのかわからないチーム状態でとても残念でした。




AクラスBクラスとはっきり分かれた感じのシーズンでしたね。
まるでプロ野球のようだ。

野球の場合、各チームで勝利に直結するポジションは「先発投手」ですが、
日本のlolリーグで「先発投手」にあたるのが「ジャングラー」だったのかなって思います。
やはり上位陣のチームはジャングルが強い。
もうちょっと細かく言うと+サポートが強くてそこで負けない。有利を奪い取る。広げていく。
ジャングル補強するのが重要だと思う反面、ジャングラーがどれだけ早くチームにフィットするかで変わって来るようになりましたね。
一人上手い選手がいるだけで勝てなくなってきたという事がリーグとして一つの成長なのかな。

夏はDNRが追加
DFMとの対決も正直楽しみだ。
関連記事
スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2017/04/03 20:50 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

goisu

アカウント新規登録
lolの遊び方
サブカテゴリ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
lol date


ブログパーツ