なんとなく今週みつけておもしろかった記事 9月2週

『LoL』国際大会「IWCQ 2016」予選終了、日本代表は5位敗退
GameSparkさまより



全試合動画

結果は5位でした
プレイオフ進出まで後一歩でしたね

ここから個人的な感想
かなり良かったと思います
ランキング下位を抑え、上位にも完敗したという試合展開もわずかでしたし
相手の展開に飲まれた試合をもうちょっとコントロールできる戦術があればプレイオフ進出は見込めたし、
前回のDFMが挑戦した時より手応えはあったようにみえます

リアルタイムでほとんど見れませんでしたが、次回はプレイオフ進出してほしいですね


パッチノート 6.18
lol公式サイトさまより



1分でわかるパッチ6.18
はやめんつ.comさまより

ヨリックがかなり特徴を持ったチャンプになりましたね
ultのスプリット性能がどれほどのものかちょっと期待

シェンの弱体もそこじゃなくてultの詠唱時間か距離の設定が必要だと思ってる
なぜ忍者だけグローバルなのか・・・

休止ペナルティ 保持している試合貯金の数が0になると、プレイヤーは毎日100LPずつ失います。このLP減少は、それを回避するための貯金ゲームを追加で溜めるまで続きます


ちょっとやり過ぎに見えるけどinQの待機時間を減らすことも考慮するとなかなか良い発想なのかも?
どうせなら全ランクで導入すれば良いと思います
極端にレート離れた試合とかちょいちょい見かけたりしますしね


『League of Legends』公式リーグ規定とアップデート周期についての議論が大炎上。プロチームはe-Sportsで何を失ってきたのか
AUTOMATONさまより

Reginaldは結構な場所にメス入れてきたなという記事ですね
lolは大会直前に大型のパッチがはいる
これで特殊な戦術が試合で見れたりするので面白かったりするが、
e-Sportsの醍醐味って「選手の能力」であって「チーム全体の対応力」ではないと思うんですよね
今のメタもスワップ戦術がなくなり、テレポートの時間も長くなったためレーニング弱い選手は居場所が無いと言えます
スワップばかりだったので今は新鮮ですけど、また多分これを殺す戦術が出てきてレーンの強い選手の居場所がなくなったりするかもしれません

パッチ的にどれが正解ってことは無いですが、lolの選手がプロとして生存できる期間短い理由がわかりますね






今週気になったツイート












Fly High!~リオパラリンピックへの道~【武井壮】

たまたまつけていた番組ですが、車いすバスケの千脇貢選手のコーナーで衝撃を受けた
車いすバスケはプロ化がすすんでおり彼もプロ選手の一人でした
そのまま調べてみるとドイツあたりでは競技として認知されており、プロリーグも存在してました

世の中に認知されていくスポーツどんどん増えて来てますね



やっとIWCQ見終わりました
まだサッカーのUAEとタイ戦見れてません・・・
そろそろアメフトも始まる

関連記事
スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2016/09/10 23:03 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

アカウント新規登録
lolの遊び方
サブカテゴリ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
lol date


ブログパーツ