なんとなく今週みつけておもしろかった記事 11月4週

3度目の正直でようやくDyrusフードが我が家へ届く…も新たなる問題発生
このスレを立てたのは…Teemoさまより

3度めの正直ですねー
それにしてもこのオチ
いやー結末が楽しみです


LOLの日本サーバーをまだ出せないなら、私を雇ってください。
つきひのゲーム日記さまより

そろそろ我慢も限界なんでしょうかね
このテの話題とかツイートがちょっと目立ってきたような気がします

個人的には発表できないだけの理由があるんだろうと思う反面
日本鯖までにプレイヤーは残ってくれるのか、
また、戻ってきてくれるのかという心配が優先してしまいます


低レートでサポートコールするとダイヤになれなくなる理由。
LOLは弱くても勝てますさまより

これはなるほどという感じ
他の記事も結構興味深いです



今週気になったツイート



Easyhoonは別のチームで見たかったので嬉しいけど来季SKT大丈夫なんでしょうか


最初画像みたときよく出来たコラかと思いましたよ・・・




今週気になったlol以外の記事

プロ野球のピッチャーの奪三振率の意味と計算方法
もんまこさまより

投手によってバラつきが有り、先発/中継ぎ/抑えでどれだけ評価が違うのか気になって調べてみました

簡単にいうと1試合投げたらどれだけ三振が取れるか?という仮定の数値だそうです
今年でいうと大谷翔平選手は160回と2/3なげて10.98
先発投手だと一試合10個三振とったら奪三振ショーと言われる位なので結構な記録ですね

ちなみに高い数値が出やすいのが抑え投手ですね
最終回に登板し、三振を狙っていく傾向があるため必然的に数値が高くなり、
12超えの選手も結構いたりします

こんな感じに野球は様々なデータが細分化されており
それが個人評価にもつながり、結果年俸に反映されるそうです


lolなんかはそもそもがデータの塊ですから
もっと色々STATSに追加して良いような気もしてます

わかりやすい数値だとKDAですよね
野球でいえば打率とか防御率みたいでその選手の強さを表す数値になッていると思います

現状のSTATS見ているだと評価しにくいroleがあるような
サポートとかなんかはアメフトのレーティングみたいな複合した評価があっても良いかなとか思ったりします
マップ支配率とかワード破壊率とか一つ一つ見ると大したことないけど
そういうの複合したら面白い数値出るかもしれませんね





最近の話題でもありませんが、全国犬猫飼育実態調査というものがありまして
それの主要指標のまとめという項目をみると昨年の段階で犬の飼育数が大幅に減少し猫の飼育数が増加したとまとめられてます
結果、両者の飼育数が拮抗したため次回計測では長年愛玩動物として不動であった犬の座を
猫が逆転するのではないかという予想がされています

主な理由としては
・飼育費用
・マンション等の居住形態
・多頭飼いのリスク
と分析されてますね
#なぜ飼い犬が減り、飼い猫が増えているのかなど


このままのペースで行くと犬が主体であったペット業界が反転していくのですかね


多分12月は更新停止期間入ると思います
どうぞ宜しくお願いします
関連記事
スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2015/11/28 12:49 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

goisu

アカウント新規登録
lolの遊び方
サブカテゴリ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
lol date


ブログパーツ