なんとなく今週みつけておもしろかった記事 1月4週

「LJ League 2015 Season1」のスポンサーとして Logicool G、Vプリカ、G-Tune、iiyamaの協賛が決定
Game 4 Brokeさまより

スポンサーどんどん増えてますね
運営さんたちのの努力に感動


Eliseの勝率がUrgot以下の41%に
Read of Legendsさまより

それにしてもS3でpick率高かったのはとことん見なくなった気がする
あとはジャングルの改変の影響が大きいんでしょうかね


【雑記】LolClassのトッププロが作ったチャンピオンガイドが無料開放。もはやLoLのガイドはこれだけ見とけばいい状態となった。
LoLLog -ろるろぐ-さまより

これは覚えておこう


5.1パッチのHecarimがOPっぽい。
はやめんつ.comさまより

smite変更の影響でジャングルはまた変わりそうですね


最近気になったツイート


結構いろいろ考えさせられるな

てっぺんじゃないところに潔さを感じないw




先日初めてe-sportsMAXという番組を見ました

ちょうどぷよぷよの対決回という昔なじみのゲームだったのでさほどわからないこともなくみることができ、
勝負後の解説を見ていてなかなか研究が進んでいるんだと感心しました



今後も可能性が感じるゲームではあるんですが、普及や発展を考慮するとコンシューマは厳しいかなと正直思います
理由は大きく2つ
①デバイスなどのサードパーティ商品による収益

この手のタイプで成功しているのはストリートファイターですよね
Mad Catzのデバイスはこのゲームを利用していない方でも有名なくらいです

ぷよぷよでどうだろうか?
調べてみるとほぼ選択肢がなく、他ゲームの使いまわしがおおい印象でした
これだとゲームが売れたりアーケードで連コされても関連メーカーが協賛しにくいのではないかと思われます

②上記理由によるスポンサー対象の分母

ゲームに限らず、プロスポーツは用具の売り上げはかなり重要です
最近だとにテニスの錦織さんで印象が変わったユニクロなんかがあります
あの大会のウェアの売切れ店が続出とのことなので、
競技人口もおおく増えたことでしょう
結果メーカーも売れるから、プレイヤーのためにあたらしいモデルを作るという好循環に入ることもできます


今回たまたまぷよぷよが目に付いたというだけで、このゲームが先細りするだろうとかそういう話ではなく、
そのカテゴリを成功させるためにはビジネスモデルとして成立させなければならないということが一番重要と思われます

日本のlolはまだビジネスモデルが出来上がってませんので、既存の流れにのる必要がありますし、
ぷよぷよ含むコンシューマ系は新しいビジネスモデルを考えなければならないんでしょうね


そういえば先日うちのネコから取れたニキビが黒ゴマくらいありました
ネコのニキビは顎にできます
みなさま猫のアゴを触る機会があったら手を洗うように心がけてください
関連記事
スポンサーサイト
[タグ未指定]
[ 2015/01/23 22:30 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

goisu

アカウント新規登録
lolの遊び方
サブカテゴリ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
lol date


ブログパーツ