今週も検証動画です

今週も検証です。
パッチノートはこちらを参照してください。
パッチノート 一覧
パッチノート 7.14
パッチノート 7.15



レクサイのULT中は無敵か?



無敵ではなさそうですね
多分フィドルのWとかならヘルスを減らすこともできそうです
おそらくエリスの蜘蛛の糸とかと扱いが同じでターゲット不可なだけと思われます



ナサスのULT中におけるQのCD50%とはどこにかかるか?



ULT前の数値に準ずる(っぽい
これナサスには相当なバフになりそうですね
Qの回転率が1.5倍くらいになるので、中盤あたりからペンタキル出来る可能性も秘めました
レートゲームでもEのバフによりタンクも溶かせる性能ついたんでかなり強力なチャンプになりましたね




個人的にはこのパッチはちょっと不安定な感じしますね
タンクに火力のせるのもRiot的にはブームなんでしょうか
一切武器積まないでadc狩りにいけるのはちょっと修正の必要を感じる

[タグ未指定]
スポンサーサイト
[ 2017/07/28 00:00 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

検証 7.14 チョガス ガーゴイルストーンプレート+ソラリのロケット

元ネタはLOL_2chまとめ@Shaco速報さんから
【LoL】チョガス最強過ぎてクソワロタwwwww 


画像だけみて
「これはやべえ」
って瞬間的に思ったんで実際どんなもんなのか検証




ツイッターにもあげましたが、こちらはザクッとプラクティスでやったんだけ
敵3体シールド比較対象用の味方を準備するのはプラクティスではできないのでカスタムで検証



・ビルド
ROA/ワーモグ3/ガーゴイル/ソラリ
・ヘルス
通常時6868
ガーゴイル時に14070




というわけでざっくりとした整理
今回の重要アイテム説明

・ガーゴイルストーンプレート
+40 Armor
+40 Magic Resist

UNIQUE Passive - Stone Skin:
周囲に3体以上の敵Championがいる間
、ArmorとMagic Resistが40増加する。
Range: 650
UNIQUE Active - Metallicize:
4秒間Championのサイズが25%、最大HPが40%増加し、与DMが60%減少する。Stone Skinが発動している場合は、HP増加量が100%に上昇する



・ソラリのロケット
+30 Armor
+60 Magic Resist

UNIQUE Active:
自身と周囲の味方ChampionにDMを防ぐシールドを付与する。シールドは2.5秒間持続し、耐久値が時間と共に減衰する。8秒以内に同アイテムの効果を受けた対象には、シールド量が半減する。
シールド量: 38 + [Lv × 22] + [Lv × 自身の増加HPの2%]
CD: 90s 効果範囲: 600






・Range: 650以内に敵3体
・ガーゴイル発動
・ソラリ発動
が条件

ざっくりシールド量計算
シールド量: 38 + [Lv × 22] + [Lv × 自身の増加HPの2%]
38+(18*22)+{18*270?}=約5300
※増加HPの定義がわからないため、おおよそで計算しました

シールド量 5300

動画見る限り瞬間的にヘルス6000オーバーしてますからAOEダメージほとんど無効化できちゃいますねコレ
どっちのアイテムに問題があるか判断が難しいですが、修正欲しいところですね

個人的にはガーゴイルのアクティブを固定値で1000くらいかLvスケールの計算式にすればいんじゃないかなと思います
[タグ] 検証
[ 2017/07/21 23:13 ] 動画 | TB(0) | CM(0)

LJL 2017 Summer Split Round6 Match1 RJ - USGのB/Pが面白い

昨晩のRJ-USGのB/Pが非常に見どころ満載だったので軽く感想みたいなもの
試合は下記サイトで見れると思うので気になる人はそちらでどうぞ

twitch
youtube




第一試合

・B/Pの流れ
1.png 11.png



このB/Pでの見どころと2ndのBANから
USG側はRJ Lavie選手のアニビアとソルはターゲットBAN
エリスもとったので序盤からある程度作っていく事も考慮、フィオラ/ジャックスが相手側でBANされていることからレネクトンをピックすることを前提にシェン、ソルとBANしてレネクトンを取らされた形になったと思われる

個人的にはレネクトンをピック予定ならタリアBANしなかったら負けるまであるなと予想
USG側も可能性はわかっていて、なお勝てる予想だったんだと思う
実際の試合ではレネクトンのレーンで有利を取りきれず、タリアのultで集団戦の陣形を壊されることが多く存在した
粘り強くゲームを伸ばし最終的にはUSGが勝利したが、B/PはRJに軍配が上がっていたと思う




第二試合

・B/Pの流れ
2.png 22.png



USGは赤側を選択
1stBANでRJは同じBAN選択をするが、USGは"ケイト/ザック/アニビア"から"ケイト/ザック/タリア"に変えてしまう
個人的にはB/Pでやられている感あったので、勝率の良い赤側を捨ててでも青側を選択してスレッシュ取るべきじゃないかなとかおもいつつ・・・
青側ならスレッシュキープできればケイトザックタリヤとBANしても相手にスレッシュ渡さないでおけたかな?
ポッピーとらせてもTOPはイーブンくらいでキープできそうだから、調子の良いbot周りでゲーム展開作っていくのが良さげかなと

そのまま2ndでソルとアニビアBANでmidカウンターを取る流れは悪くなかったんですが、midにgankが刺さりまくってしまった事でかなり辛い展開へ
これは序盤うまく立ち回ったRJが素晴らしかったですね




第三試合

・B/Pの流れ
3.png 33.png



結局USG側は1-2試合目の展開で予定していたB/Pを崩す事になったしまった
その結果、一番危ないと思っていたアニビアを開け、カリスタも相手から取り上げて相手の得意な構成を崩す方向性へ
B/Pだけ見ればUSGのほうが良い感じだったが、アニビアのパフォーマンスの高さから苦戦する形になったしまった



相手を研究し最後までブレなかったRJ
3試合のB/PをみるとRJは「アイバーン」「ジャックス」「フィオラ」のBANを固定した
USGはTOP周りのピックが制限され戦術の幅が少しだけ狭くなってしまった
最終的にRJのB/Pにリアクションした結果、本来ターゲットBANするべき枠を使えなくなってしまったというカードゲームのようなB/Pでしたね

Rift Rivalsでの時間差をうまく使ったRJ
USGも辛い展開でも諦めず粘ったりと最後まで楽しめた試合でした

Rift Rivalsの影響で今週ちょっとおもしろいRoundになるのかもしれないですね
[タグ] LJL2017
[ 2017/07/15 09:26 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)

G533 Wireless DTS 7.1 サラウンド ゲーミング ヘッドセット



G533 Wireless DTS 7.1 サラウンド ゲーミング ヘッドセット





■購入前に使用していたヘッドセット

ロジクール - G430 7.1 Surround Sound Gaming Headset - Logitech G



Logitech G G430のレビュー記事

■買い替えを検討した理由
G430は価格帯のわりに
「音質○」
「耳当てメッシュで夏でも暑くない」
「さらに耳当は外して洗濯可能」
「メーカー純正のアナログ↔USB切替器付」
「手元音量調整/ミュートスイッチ付」
とすべての希望を叶えてくれた製品でした
買い換える理由はなかったのですが、猫がケーブルを噛む事があるのでワイヤレスにしたいという欲求一点で買い替え検討しました


■購入時に同時検討した物
・G933


G533の上位
「DTSヘッドフォン:X」
「バックライト」
「3.5mmオーディオ」
「モバイル接続」
の4点が機能追加されている

・G633


G933の有線モデル
無線ではないのでスペックとか評判だけ確認
ほとんど検討していない

・G433


2017/07/20発売
発売日が近いので一応チェック
有線モデルということ、ヘッドセットというよりヘッドフォンによったモデルで音質重視したタイプ
ヘッドフォンは別にあるので候補から外れました



■購入の決め手
結局G933とG533の2択になりました
追加されている機能については
「DTSヘッドフォン:X」 対応しているソフト次第
「バックライト」 必要なさそう
「3.5mmオーディオ」 有線モデルは別途ある
「モバイル接続」 モバイル用のヘッドフォン有る

という結論になりました
DTSヘッドフォン:Xが今後どれだけ普及するかで迷うところになりそうなんですが、PCソフトで対応している物も少ないし、普及したら標準で搭載するヘッドセットも増えるだろうという事で今回はG533に決定しました



■実際の使用感
・見た目
結構しっかりした作りになっており、多少重いです
※G430に比べ少しイヤーカップに厚みがあります
イヤーカップはメッシュになっており取り外して洗濯可能
※洗濯時には洗濯ネット使うとよさげ
締め付けは強めで密封感が多少感じられますが、寝転がれば落ちる程度
メガネへの干渉は少なめですが、フレームが大きめの人は干渉するかもしれません

・音質
G430に密封感を追加した感じで「程々に良しくらい」で音楽/映像を楽しむには物足りなさを感じます
※高音は多少出てますが低音は絶望的に感じます
左耳のイヤーカップについている手元の音量調整はデバイス独立ではなく、PCの音量を調整するダイヤルがついてます
ダイヤルまわすシステム音が「ピピッ」と鳴り、モニタ左上に現在の音量が表示されます
※このダイヤル調整によるビープ音は設定でON/OFF可能です
音量を上げすぎるとと多少音割れする事がありました
オーディオが無い場合、自動的に電源OFFにする機能があります(設定幅1-30分/なし)

・録音
skypeとdiscordで使用しましたが特に問題なく良好です
マイクは上下折り畳み式で、先端部分のみ伸縮し口元に持ってくることができます
収納マイクの出し入れの際、上下45度くらいで「ピピッ」とシステム音が鳴りマイクON/OFFの確認ができます
G430に比べて少しだけ篭もる感じに変わりました

・設定関係
特に細かい設定は必要なくlogiのツールいれればそのまま使用できます
※既に入れていたこともあり、レシーバーを接続したらそのまま認識出来ました
Amazonのレビューで気になっていた「再起動のたびに認識しなくなる」「長時間使用で接続が途切れる」といったことは確認できませんでした
※Win10、logiドライバーver:112.0.11を使用
デフォルトでイコライザに何パターンか用意されており(FLAT/FPS/MOBA等)ゲームごとにカスタムすることも可能
右耳後ろに「任意ボタン(デフォルトではミュート)」がありますが、色々割り振ることが可能
※個人的にはサラウンドのON/OFF割り振れるということに感動

・バッテリー
USB充電方式です
※micro-BタイプなのでPS4コントローラーと同じですね
※電池などは使用できません
フル充電で「残り16時間」と表示されてます
実際に図ったところ10%も誤差なく減っていったので正しく表示されているようです
30分程度の充電で20%弱チャージされました(正確な測定ではありません
予測としては0%からフルチャージまで60-90分程度の見込みと思われます

「残り2時間」くらい(10-15%?)になると低めの警告音?が鳴り充電が低い事を教えてくれます
この警告音が10-15分おきになるので多少邪魔に感じました
設定で調整できるところが見当たりませんでしたので20%割る前に充電の必要を感じました






総評

エントリーモデルとしては機能十分

デザインも気に入ってますし性能も十分ですが他人におすすめできるかというと微妙なライン
この価格帯までくるとそこそこ高性能なヘッドセットが選択肢にはいってきますが、「ワイヤレス」という利点以外では可もなく不可もなくとオススメ出来る点がなさそうです
ワイヤレスにしたいって人じゃなければ、同価格有線モデルならワンランク上の音質/機能が手に入るでしょう

ただ最初に書いたとおりワイヤレスのエントリーモデルとしては優秀
基本的なゲーミングデバイスでほしい機能/性能/設定はそろっており、連続15時間使用可能というのも多少長め
※5千円クラスは6-10時間、2万円クラスだと18-24時くらい
音質あたりはG430と大差を感じないので「ワイヤレスにしたい」って人には良さそう
逆にG633と悩んでるって人はワイヤレスにこだわりないならG633へって感じですね


不満点としては以下3点
・bluetooh非対応
・Volumeのダイヤルが軽すぎる
・USBのみでの接続で使用できない(レシーバー必須)
正直ダイヤルが軽いって点以外は事前にわかるのでやや難癖レベルですが・・・・
音量ダイヤルまわすとシステム音が出るので音量の変化がわかりやすいんですが、回してる感がないので微妙な調整が若干面倒に感じます


これでLogicoolG製品は、G402/G430/G900/G533と4製品目ですがハズレが全然無いですね
キーボードも揃えたいところですが、型番で軸の種類が選べなかったりして残念
もうちょっと力をいれてくれれば多分買います
[タグ未指定]
[ 2017/07/14 20:45 ] デバイス | TB(0) | CM(0)

Number Webでの取扱が凄い

今週Number Webで掲載されたe-sports記事が面白い

掲載された記事はこちら







何が凄いのか?という点についてですが
今までNumber Webで掲載された「eスポーツ」というタグで掲載された記事はこんな感じである

38d15cc44054ab9fc5b7cc2372a4214c.pngcb67b10a5bdef323670cc782d26baaf8.png

今までの傾向を見ると「eスポーツを理解してもらう」内容がメインでその中に選手インタビューがあったりしたんですけど、
今回の記事はほぼほぼ「選手インタビュー」で構成されている
コレを見て「プロゲーマー」という職業への認識がある程度変わってきているのかなと感じる

やっぱりオリンピックが起因しているのかな
そのうち週末のニュースくらいで取り上げられるようになるんだろうか


[タグ] Number
[ 2017/07/04 20:15 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
プロフィール

goisu

アカウント新規登録
lolの遊び方
サブカテゴリ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
lol date


ブログパーツ